五十肩 – 西荻窪 のなか鍼灸整骨院/整体院 西荻窪駅徒歩2分

五十肩

こんなお悩みありませんか?

  • 肩が凝りすぎて気分が悪くなる
  • 肩こり・首こり・頭痛で仕事に集中できない
  • マッサージに通っても良くならない
  • 常に首や肩に重さがあって気分が悪い
  • かたや首がしんどくなると頭痛もでる
  • マッサージや電気ではこりが取れない
  • よく寝違えて首が痛い
  • パソコン作業やテレワークで姿勢や肩こり、首痛が悪化した
  • よく頭痛を繰り返す
  • どこに行っても良くならない

当院にお任せください

五十肩とは?|西荻窪のなか鍼灸整骨院

五十肩①
五十肩は正式名称を「肩関節周囲炎」と呼びます。または「凍結肩」とも呼びます。 

肩の関節が痛んで、関節の動きが悪くなる症状である。四十肩と呼ばれることもある。中年以降、特に50歳代の患者が多い傾向にあり、特に40歳から60歳の女性に多いとされています。

人によって原因や症状はさまざまだが、多くの場合、シャツを着たり、下着をつけるために背中に手を回す、棚の上のものを取ろうとしたりするなど生活動作の中で肩の関節を動かしたときに激しい痛みを感じる運動痛や、夜中に肩にズキズキとした痛みを感じてひどいときには眠れないなどの夜間痛があります。

肩が痛ければすべてこの「肩関節周囲炎」であるわけではありません。

五十肩②

同じように肩が痛くなる症状としては、腱板断裂というものや、石灰沈着性腱炎、肩峰下滑液包炎、上腕二頭筋腱長頭炎などが挙げられます。これらの病気も広い意味で「五十肩」とよばれたりしますが、症状としては異なります。レントゲンやMRI、エコーの検査でどちらか判断が可能です。

これらの症状と五十肩との違いは、五十肩は「肩が極端に動きにくくなっている」という点です。

五十肩の場合は、日常生活動作が痛く困難になることがあります。
それに対して五十肩以外の他の症状では、痛みはあるけれどそこまで固くなっていない、という特徴があります。手を上にあげる動作での途中に痛みはあるが、手はしっかり上がるなどの違いがあります。

五十肩の原因|西荻窪のなか鍼灸整骨院

五十肩③
五十肩(肩関節周囲炎)は服を着ようとしたときや、ゴルフのスイングをしたときに突然肩に激しい痛みを感じたり、しびれを感じたりして発症します。

加齢によって肩の関節を構成している骨や軟骨や靭帯、腱などが硬くなり、組織が炎症を起こして発症することが多いといわれています。

発症する肩は利き腕とは関係がなく、左右どちらかの肩に起こり、両方の肩が同時に発症することはほぼありませんが、片方の肩が発症した後に、もう片方の肩が痛くなることはあります。

五十肩の症状|西荻窪のなか鍼灸整骨院

五十肩④

特に大きなきっかけがなく肩に痛みが発生し、その後数週間から数か月かけて徐々に、あるいは急速に痛みが増します。
はじめは「なんとなく肩に違和感がある」程度であったものが、「少し動かしただけで、とてつもなく痛い」や「夜寝ていて痛みで起きてしまう」などの夜間痛を呈するようになることが多いです。
人によっては痛みのために1,2時間以上眠れない、痛みで何度も目が覚めてしまうという状態が数か月から1年以上続くこともまれではありません。

五十肩⑤

五十肩が進行し、組織が癒着してしまうとさらに動かしづらくなります。
また、痛みのため肩が動かすことができず、肩の周りの筋肉や靭帯の血行が悪くなり、肩の関節が硬くなり動かすことがさらに難しくなる場合もあります。
このために、つり革を持てない、エプロンの紐を後ろで結べない、服を着るのが辛い、洗顔ができない、寝返りが打てない、など多くの症状を呈し、生活の質が低下します。
関節が変形していたり、軟骨がすり減ってなくなっていたり、腱が切れたりしているなど肩の関節を作っている組織の1つのみが原因の場合には五十肩(肩関節周囲炎)とは区別されます。 

当院の施術方法|西荻窪のなか鍼灸整骨院

五十肩に関する問診

五十肩⑥

当院では、まず問診を行い、どんな時に痛くなるのか、何時からなのかをお聞きし、五十肩の検査を行います。検査をもとに手技療法などを行っていきます。

手技療法

五十肩⑦

手技療法では、まずは炎症が強い場合には患部の周りから緊張している筋肉を緩めていきます。炎症が強いときに手技療法をしてしまうと悪化する場合があるので細心の注意を払い治療していきます。炎症が落ち着いてきたら、患部を中心に手技療法で筋肉を緩めていきます。そして手技療法だけでなく、関節の動きを回復するために、筋肉の抵抗運動やストレッチなどの運動療法も行い、電気治療など様々な治療を行い、動かなくなってしまった肩や痛みの改善を目指していきます。

まとめ|西荻窪のなか鍼灸整骨院

肩は関節が幅広く動く場所で、肩の関節を作っている筋肉や血管も豊富にある場所だといわれています。

運動不足で肩を動かさなかったり、寒い季節だったりすると肩の血液の流れが悪くなることがあります。血液の流れが悪いと発症しやすくなるため、適度に上半身の筋肉を動かす運動をしたり、入浴のときには肩までお湯につかったりして血の流れを良くしてあげる。また肩を冷やさないように肩掛けを使うなど日頃からの取り組みが予防につながります。

当院では五十肩の予防法なども行っていますので、ご気軽にご相談ください。

新店OPEN割引CP実施中!

毎月7名限定!2月28日までに
\ ご予約の方に限り /

根本改善整体50分コース最新EMS込

初回2,980円(税込み)
通常価格6,500円(税込み)

好評につき、残り7名⇨ 6名で終了となります!
LINEまたはお電話からお早めにご連絡ください!

施術の流れ

①カウンセリング

カウンセリング

②検査

検査

③施術

施術

④術後カウンセリング

術後カウンセリング

当院へのお問い合わせ|西荻窪のなか鍼灸整骨院

LINEからご予約
電話で予約

アクセス / 院情報

運営元 株式会社NEXT SCENERY
屋号名 のなか鍼灸整骨院
院長 野中 隆太郎
住所 東京都杉並区松庵3-39-10 1F
電話番号 TEL 03-3332-3657
アクセス 西荻窪駅から徒歩2分
診療時間
9:30〜13:00
15:30〜20:30

※土曜日は18:00までの営業となります。

院情報

選ばれる理由①
平日診療受付時間 9:30~13:00/15:30~20:30
土曜祝日受付時間 9:30~13:00/15:30~18:00
日曜日のみ完全予約制(前日までの予約となります)
〒167-0054
東京都杉並区松庵3-39-10
西荻窪駅から徒歩2分