足首の捻挫
 

※好評につき、残り7名⇨ 4名で終了となります!LINEまたはお電話からお早めにご連絡ください!
\ 保険適用での治療も可能です! /

※保険診療は症状によりますので
一度ご相談ください。

LINEで予約はこちら
電話で予約する

当院はドクターベースに選出されています

ドクターベースとは、「規定の講習を受講し、基礎医学など定められた知識を習得した先生のみ発行される資格」です
千歳烏山、久我山、富士見ヶ丘、高井戸から通院者が多い、のなか鍼灸整骨院富士見ヶ丘院院長の野中先生は規定の講習を修了した先生なので、安心して施術を受けれます!
 
ドクターベース

お客様の喜びの声

たくさんのお客様が笑顔になりました
たくさんのお客様が笑顔になりました

google口コミ220件以上

当院で改善したお客様の声をご覧ください

20代・男性・交通事故

ずっと痛かった腰の痛みがなくなりました!

20代・男性交通事故治療膝の捻挫打撲

しっかりと治療してくれて、針治療も自賠責保険の中でやってくれてかなり快調になりました。
野中先生と提携している整形外科でしっかりと再検査していただき、以前の病院では少ししか治療してくれませんでしたが、ちゃんと痛い部分全て治療していただきました。とても感謝です。

30代・女性

首肩背中の強い凝りに悩まされており、どこに行っても改善せずとても困っていました。

30代・女性労災保険通勤時仕事中のケガ腰痛

ここの先生は国家資格を持ってる先生のみいらっしゃるので安心できましたし、病院と提携していて検査もスムーズに行って頂けました。
施術も痛いところにしっかり施術してくれてるのが伝わり、むやみに押してるだけではなかった。
針も詳しい先生がいて、みるみる治っていきました。

50代・男性

中々よくならなかった足首の捻挫が、あっという間によくなりました!

50代・男性労災保険通勤時仕事中のケガ腰痛

元々違う症状で治療していたのですが、実は足首が気になることを話すと迅速に治療していただきました!!
中々よくならなかった足首の捻挫が、あっという間によくなりました!

こんなお悩みはありませんか?

こんな症状でお悩みではありませんか?

  • 足首を捻ってしまって痛い
  • 足首が腫れている
  • 何度も捻挫を繰り返す
  • 足首の動きが悪い
  • 体重をかけると足首が痛む
  • 足の筋肉の衰えを感じる
  • 足首に不安定感がある
  • テーピングがないと不安

足首の捻挫について

足首の捻挫について
足首の捻挫は、足首の靭帯が激しい運動や突然の動作変化によって引っ張られることで起こる靭帯損傷をいいます。

靭帯を痛めてしまうと、直後から足首周辺で痛みを感じます。
痛みの程度は捻挫の重さによって異なりますが、重度の捻挫では強い痛みを伴い骨折を併発することもあります。


捻挫により、足首周囲の靭帯や組織に炎症が起こると、足首が内出血によって腫れます。
腫れは捻挫の直後から現れますが、数時間から数日間続きます。
重度の捻挫では、周囲の組織や神経に圧迫が生じ、足首周囲でしびれや麻痺といった症状が起こることもあります。

捻挫によって足首が不安定になるため、歩行が困難になる場合があります。
足首の痛みや不安定さから、重心を支えることが難しく、急性期には患部の足を引きずったり、びっこを引く歩き方をしてしまいます。

足首の捻挫が起こりうる足首の各靭帯について

足首の捻挫が起こりうる足首の各靭帯についてと発生機序をご紹介します。

①外側の靭帯

足関節の捻挫における主な靭帯は外側の靭帯です。

外側靭帯は足首の外側に位置し、足首の安定性をを保つ役割をもっています。
外側靭帯は3つの主要な靭帯で構成されています。
1.前距腓靭帯
前距腓靭帯は、足根骨である距骨の外側と腓骨前端と外側の関節軟骨を結ぶ靭帯で、足首の前方への動きを制限します。
前距腓靭帯の捻挫はスポーツによる外傷で最も発生頻度が高く、くせになる場合も多いので注意が必要です。
外くるぶしの前下方に痛みや腫れ、内出血を生じます。
2.踵腓靱帯
踵腓靭帯は、踵骨と腓骨を結ぶ靭帯で、前距腓靱帯付着部下方の腓骨前端に起始し、踵骨外側および腓骨結節に停止します。
役割として足関節の内反時の主たる抑制の役割をします。
踵腓靭帯は単独で損傷することもありますが、多くは前距腓靭帯部と一緒に損傷することが多く見られます。
3.後距腓靭帯
後距腓靭帯は、距骨と腓骨を結ぶ靭帯で、脛骨に対して距骨が後方にズレることを抑制し、足首の内側への張力や回転を制限します。
これらの外側靭帯は、足首を固定する役割を果たしており、捻挫とはこれら靭帯が引き伸ばされて傷んだ状態を指します。

②前脛腓靭帯

脛骨(脛骨)と腓骨(腓骨)の間に存在する靭帯です。
この靭帯は、足首の外側部分で脛骨と腓骨を結びつけ、足首を安定させる役割を果たします。
前脛腓靭帯の損傷は、通常は足首の捻挫によって引き起こされます。
具体的には、足首を内側に捻る運動や急な方向転換などの外力がかかることで、前脛腓靭帯が過度に引っ張られることがあります。

③三角靭帯

三角靭帯は足関節内側にある靭帯で内側靭帯とも呼ばれます。
全体の形は三角形に近く、脛骨と足根骨をつなぐ4つの部分に分かれ、距部、脛舟部、脛踵部、後脛距部と呼ばれ、各部は前脛足首の安定性を提供する役割を果たしています。

三角靭帯捻挫は、通常はスポーツや外傷による急激な脛骨と腓骨の分離や引き離しの力によって引き起こされます。
この捻挫は、通常の足関節捻挫とは異なり、足首の内側への過度な動きや回転によるもので引き起こされます。

足関節の外返しによって損傷を起こし痛みや腫れ、損傷度合いによっては、歩行困難をきたします。

足首の捻挫を放っておくと?

足首の捻挫を放っておくと

足関節捻挫を放置すると、以下のような問題が生じる可能性があります。

慢性的な痛みや不安定感

捻挫による組織の損傷が適切に治癒しない場合、足関節の周囲の痛みや不安定感が長期間続くことがあります。
これは、靭帯や関節組織の損傷が十分に回復せず、足首の安定性が低下するため引き起こされます。

慢性的な腫れや炎症

捻挫による組織の炎症が持続する場合、足関節周囲の腫れや炎症が継続する可能性があります。
これにより、足首の機能制限や不快感が続くことがあります。

再捻挫のリスク

一度足関節を捻挫した経験があると、同じ足関節が再び捻挫するリスクが高まります。
放置された捻挫は、関節の安定性や筋力の低下を引き起こすため、再度の捻挫が起こりやすくなります。

長期的な機能障害

放置された捻挫が十分に回復せず、関節の可動性や筋力が十分に回復しない場合、足関節の長期的な機能障害が発生する可能性があります。
これにより、日常生活や運動時のパフォーマンスに制限が生じることがあります。

関節の変形や変性

捻挫が重度であった場合や適切な治療が行われなかった場合、関節の変形や変性が生じる可能性があります。
これは、関節の組織や軟骨の損傷が慢性的に進行し、関節の正常な構造と機能に影響を与えることです。

したがって、足関節捻挫は適切な治療とリハビリテーションが必要です。
早期の治療と適切なケアにより、回復の促進と後遺症のリスクの軽減が可能となります。
専門家の指示に従い、早めの治療を行うことが早期の治癒に繋がり、再受傷のリスクを軽減させます。

当院での顎関節症の改善方法

当院の改善方法

当院では、足首の痛みに対してどのような受傷起点からどの靭帯をどのように痛めたのかを的確に問診から判断し、RICE処置等を用いて治療を行います。

捻挫の直後は、足首に負担をかけないように休息をとります。
氷を使って冷やし、炎症を抑えます。
捻挫の程度や症状の重さに応じて異なるアプローチを行います。

軽度から中程度の捻挫では、足首の圧迫包帯を行い、腫れを抑え、足首の安定性を向上させます。


また、受傷患部へ鍼灸治療を行い血行の促進や靭帯の修復を促します。
パルス通電や、円皮鍼は有効な治療方法といえます。

一定の期間が経過し、腫れが収まってきた頃から運動療法を開始し、筋力、柔軟性、バランスを改善し、足首の安定性を回復させ、靭帯の柔軟性、筋肉でも足首のサポートができるよう治療していきます。

重度な捻挫や合併症がある場合には、手術が必要な場合もありますが、これは比較的まれなケースです。
治療のプランは個別に決定されるため、専門家のアドバイスと指示に従うことが重要です。

 

※好評につき、残り7名⇨ 4名で終了となります!LINEまたはお電話からお早めにご連絡ください!
\ 保険適用での治療も可能です! /

※保険診療は症状によりますので
一度ご相談ください。

LINEで予約はこちら
電話で予約する

ペルレのなか鍼灸整骨院7つの強み

選ばれる7つの理由
  • 口コミ多数

    口コミ多数

    千歳烏山、久我山、富士見ヶ丘、高井戸から通院者が多い、のなか鍼灸整骨院富士見ヶ丘院はリピート率がとても高く、西荻窪本院では口コミ数200件以上且つ、評価も4.5以上をキープしており、満足度も高評価を頂いております。

  • 臨床経験延べ4万人以上の経験豊富なスタッフ

    臨床経験延べ4万人以上の経験豊富なスタッフ

    千歳烏山、久我山、富士見ヶ丘、高井戸から通院者が多い、のなか鍼灸整骨院富士見ヶ丘院のスタッフは国家資格を保有し、最低臨床歴5年以上、臨床経験延べ7万人以上の経験豊富なスタッフが施術させていただきます!
    他にはない唯一無二な治療を受けることができるかと思います。
    ・鍼灸学会理事、講師
    ・業界歴40年の大ベテラン
    ・スポーツトレーナー、運動機能学のスペシャリスト
    ・某大手グループ会社元院長
    ・脳外科、整形外科リハビリ室立ち上げから15年のキャリア
    等々、全くの新人の先生が在籍しないめずらしい治療院です!

  • 予約優先制で待ち時間ゼロ!

    予約優先制で待ち時間ゼロ!

    予約優先制で自分の都合の良い日、時間に施術が受けられる!(もちろん予約がなくてもOK)
    千歳烏山、久我山、富士見ヶ丘、高井戸から通院者が多い、のなか鍼灸整骨院富士見ヶ丘院は予約優先制を取り入れております。
    お電話にてご予約が可能です。また、公式LINEからは24時間ご予約・ご相談を受け付けておりますのでお気軽にメッセージを送信ください。

  • 圧倒的な治療技術と問診力、症状に対する説明力!

    圧倒的な治療技術と問診力、症状に対する説明力!

    動作から引き起こされる痛みを一つずつ丁寧に確認し、痛みの発生する日常生活や、逆に痛みが緩解する動作や条件を細かくチェックすることで原因となる部位を特定していきます。
    それらを、圧倒的な知識と経験から深部まで施術を行うことで痛みを取り除いていきます。

    これらの検査から得た情報をわかりやすく噛み砕いて身体についての不明点を細かく説明していきます。

  • トリガーポイントを用いた臨床実績のある効果的な鍼治療

    トリガーポイントを用いた臨床実績のある効果的な鍼治療

    原因となっている筋・筋膜をより細かく検査し、患者様の痛みの原因になっている「トリガーポイント」をより正確に割り出し、鍼灸施術を行います。
    筋肉や筋膜、経穴、ツボを熟知した鍼灸師が痛みを引き起こしているトリガーポイントに鍼灸刺激を与えることで原因筋を的確に治療し痛みを取り除きます。

    繰り返す腰痛やヘルニア、ぎっくり腰などの辛い腰痛や慢性的な肩こり、スポーツによる痛み・しびれなどを効果的に治療し、痛みやしびれなどの様々な症状に対して筋肉の血流を改善させることで痛みの原因とされる「トリガーポイント」を解消させていきます。

  • 身体の歪みを取り除く骨盤矯正(カイロプラクティック)

    身体の歪みを取り除く骨盤矯正(カイロプラクティック)

    脊椎(背骨)や骨盤の動きの制限や関節の動作制限をすべての方面から細かくチェックしていき、原因となっている骨の歪みを矯正します。
    基本的には頚椎、胸椎、腰椎、骨盤(仙腸関節)の矯正を行い全身をキレイに整えていきます。
    状態によっては股関節や足関節の矯正を行うこともあります。股関節が開きにくい、内股になっている、足首の硬さからしゃがみ込むことが難しくなっているなどの症状が見受けられる場合、必要であれば各種部位の矯正を行います。

  • 土・日、祝日も診療しています!

    土曜日、祝日も診療しています!

    千歳烏山、久我山、富士見ヶ丘、高井戸から通院者が多い、のなか鍼灸整骨院富士見ヶ丘院は平日になかなか通院できない患者様のためにも、土曜日、日曜日、祝日も診療しております。

    ※日曜日は前日までのご予約のみの完全予約制です。

施術の流れ

1.ご予約

ご予約

2.受付

受付

3.カウセンリング

カウンセリング・検査

4.施術

施術プランの説明

5.術後カウンセリング

施術

6.お会計/次回ご予約

施術終了

問い合わ

LINEから簡単予約
電話で予約する

クセス/情報

院名 ペルレのなか鍼灸整骨院
所在地 168-0071
東京都杉並区高井戸西2丁目10-9 
ノースメインビル108
電話番号 03-5941-7855
受付日/
受付時間
月・火・木・金:
9:30~13:30 / 15:30~20:30
土・祝日:
9:30~13:30 / 15:30~18:00
日:前日までの完全予約制のみ
受付時間
9:30

13:30
15:30

20:30

※土曜日/祝日は18:00まで、日曜日は前日までの完全予約制となります。